物作りが好きな人、ファッション、洋服が好きな人は、本格的に勉強するためにファッションデザイン専門学校に通うと良いでしょう。
パタンナーとしての本格的な勉強を基礎から学ぶ事ができます。
独学で学ぶには難しいので、学校に通って勉強することで、専門分野の幅が拡がり、将来性もあります。
本格的に学ぶことで、将来の道も広がり、多くの分野から需要があります。
ファッションを本気で勉強したい人は、専門学校に通うことが大切です。

パタンナーになりたい人がファッションデザイン専門学校に通うメリットとは?

パタンナーになりたい人がファッションデザイン専門学校に通うメリットとは? ファッションの最先端を学びたい人は、ファッションデザイン専門学校に通うことで、どんなものが流行り、これからニーズが増えていくのかを、最先端で学ぶことが出来ます。
専門のスタッフ、講師、海外経験も豊富な先生から、ファッションを学ぶことで、自分の自信にもつながり、将来性も大きくなります。
パタンナーとして活躍したい人は、ファッションデザイン専門学校で基礎から学ぶことができるので、ファッションの専門分野に就職したい人にも有利です。
海外で学びたい人、業界で就職したい人も、多くはファッションデザイン専門学校の出身の人です。
自分の可能性を見出すこともできて、大きな経験になるので、若いうちからファッションに興味のある人は挑戦してみましょう。

パタンナーになるためにファッションデザイン専門学校で取得すべき資格

パタンナーになるためにファッションデザイン専門学校で取得すべき資格 パタンナーはファッションデザイナーの作成したデザイン画を元にして、アパレル・ファッション分野の衣類を製作する上で使用する型紙(パターン)を作成するお仕事です。デザイナーとの打ち合わせを通して手直しを行いながら、商品イメージ通りのファーストパターン、サンプルのためのパターン、大量生産のための工業パターンなどを作成します。
単に型紙の作成だけでなく、生地の選定や効果的な使い方、縫製の仕方などを工夫するのも重要な役割です。
主にアパレルメーカーや繊維メーカーのデザインを担当する部署、縫製工場などがその活躍の場となります。
パタンナーという仕事自体には資格はないので、無資格でも技術があればパタンナーになることができます。
しかし、過去に実務経験がない状態で就職する場合は、企業側もどの程度の能力があるのか判断しにくいので、ファッションデザイン専門学校在学時にパターンメイキング技術検定の2級以上を取得しておくことで実務レベルの能力があると判断でき、この検定を採用条件としている企業もあります。
また、現在のパタンナー業務にはCADが欠かせないものとなっているので、こちらもファッションデザイン専門学校在学中にCAD利用技術者検定を取得しておくことで、技術レベルを証明し、就職活動の際に役立ちます。

ファッション専門学校に関する情報リンク

「デザインの原動力」を培う専門学校のサイト

ファッションデザイン専門学校