ファッションデザイン専門学校卒業後にファッション業界へ就職できる割合は?

ファッションデザイン専門学校卒業後にファッション業界へ就職できる割合は? ファッションデザイン専門学校を卒業した人の多くは、当然ながらファッション業界に就職しています。
その大きな理由は、学校に通いつつ、ファッション業界でインターンを行う学生が多いからです。
では、就職率はどのくらいの割合かというと、学校によってある程度の差はありますが、おおむね80%といったところです。これは、普通の大学や短大と比較して、かなり高いといえます。
専門学校では、その名のとおり専門的な知識を身に付けることができますから、企業側のニーズも高くなるからです。
さらに、ファッションデザイン専門学校では、基本的に講師と学生の距離が近くなっています。そのため、教える側も自然と親身になって指導するようになります。
また、多くの学校では、取ったほうがよい資格の案内なども小まめに行われています。
さらに、それぞれの学生の希望に合った資格を案内し、それを取るためのカリキュラムなどについての助言も受けられるなど、手厚いサポート体制が用意されています。

就職率の高いファッションデザイン専門学校の選び方

就職率の高いファッションデザイン専門学校の選び方 ファッションデザイナーなどを志望する場合、ファッションデザイン専門学校に通ったほうが有利なのは、いうまでもありません。
しかし、卒業生の就職率が低い学校を選んでしまうと、むしろマイナスになるおそれもあります。就職率の高いファッションデザイン専門学校の選び方は、以下のとおりです。
一つ目は、「方向性が合っているか」。
デザインにはいろいろな方向性があり、学校によってそれは異なります。もし自分の求める方向性と合っていないと、お金と時間を無駄にしただけになってしまいます。
二つ目は、「見学する」。
口コミで評価が高い学校でも、自分には合わないということも少なくありません。必ず、実際に見学するようにしましょう。
三つ目は、「卒業生の実績を調べる」。
卒業生の作品や、どんな企業に入れたのかというハッキリした結果を見ることで、学校のレベルが明確になります。
四つ目は、「卒業生などに話を聞く」。
実際にその学校に通った人の話は、かなり信憑性があります。